Technology
技術とサービス

事業内容

  • 軌道工事業

    何もない場所に新しくレールを敷いて道を作っていく、「新線工事」、今ある古いレールを新しいものに取り替える、「レール交換工事」、レールの分岐ポイントにある分岐器を新しいものに入れ替える「分岐器交換工事」、この他にも軌道に関わる様々な工事を行う事業です。

  • レール溶接工事業

    一本のレールとレールを様々な手法で繋ぎ合わせ長くするのがレール溶接です。レール溶接した部分に不備があると列車の走行に悪影響を及ぼすため、レール溶接には非常に高い技術・信頼性が要求されます。当社では「ガス圧接溶接」・「ゴールドサミット溶接」の2つの手法を使っています。

軌道工事とは

まず軌道とは、鉄道の線路の構造物を総称したものです。皆さんもよく知っている電車が走っている道となるレール、そのレールの間に敷き詰められている枕木(まくらぎ)、そしてその2つを支えている道床(どうしょう)などで構成されています。

軌道工事とはこれらの軌道にまつわる部分を保守・メンテナンス・また新規に作成を行う工事のことです。電車が動いている間にはできない仕事がほとんどなので、基本的に作業時間は終電が終わった夜中からになります。始発の電車を安全に走らせるために、迅速にまた丁寧な作業を行わなくてはいけないため常に正確さ、信頼が求められている仕事です。

当社が誇る技術

当社がなによりも自信をもっている技術が分岐器の交換作業です。

分岐器とは、一つのレールを複数のレールに分岐させるための構造です。ポイントを切り替えることで電車を別の線路へと繋げることができます。定期的なメンテナンス、また消耗した際には交換も必要となります。

終電後次の始発までの間に行う作業なので、時間にするとおおよそ2時間ほど、その間にすべての作業を終え、電車を無事に通さなくてはいけません。

現場を熟練の責任者が指揮を取り、全作業員一丸となってその2時間に取り組んでおります。大事な分岐器の交換工事の際には当社が呼ばれることが多く、その実績と信頼には自信があります。